宛名書きとは、ハガキや封筒に送り先の住所や名前を記載することです。

最近ではパソコンで印字されるケースも多くなっているものの、昔ながらの手書きでの宛名書きはどこか温かみがあり、結婚式の招待状や法人企業が発送する挨拶状などには手書きの筆文字が今も採用されていることが多いです。

普段何気なく目にする宛名書きですが、正しい書き方について考えたことはあるでしょうか。

今回はビジネスに役立つ宛名書きについて説明していきます。

まず、一般的な手紙のやり取りでは○○様が使われますが、組織に対しては○○御中となります。

会社に対しては、株式会社、有限会社と省略することなく正式に書くのが正しいとされています。また、会社宛の際はわかっていれば部署名も記載しましょう。

個人に対してでも、肩書や役職名のある人に対しては、会社名や部署名を先に書き、改行した後に肩書、役職名、○○様と書くのがよいでしょう。

一通の宛名に対して、御中と様は重複しないので、注意が必要です。

住所を書く際は、都道府県名から記載し、住所は省略せずに縦書き封筒の場合の番地は漢数字を使用して全体のバランスを見ながら書きます。

そして、封の貼り付けはのりで行い、セロテープは使用しないのが一般的です。

縦書き封筒の場合は裏面に「〆」や「封」などを書きます。これを書くことにより、確かに封をしましたという意味になりますが、横書き封筒の場合は省略しても良いものとされています。

細かいことですが、宛名書きは相手にとって第一印象を決める大切なツールということを忘れてはいけません。