確定申告は2月の中旬から3月にかけて、税務署に行って前年の所得の申告を行います。

所得を得た際には、所得税を源泉徴収されますが、源泉徴収した所得税が過大だった場合には、確定申告をすることにより還付してくれます。

仕事の都合などで税務署に行けない人のために、最近ではインターネットを使って確定申告をすることが出来ます。

確定申告を行う人は、主に一人親方などの事業を営んでいるや医療費を沢山支払った人です。また昨年中の自宅を売却した人も譲渡所得の申告をする必要があります。

また、本業とは別に副業をしている人で、副業で20万円以上の収入を得ている人も確定申告をしなければならないです。また複数のアルバイトを掛け持ちしている人も確定申告をしなければならない場合があります。

ただし、アルバイトを掛け持ちしている人でも一定の所得金額以下の人は所得税が発生しませんので、住民税の申告だけをすれば良いことになります。

自分が確定申告をしなければいけないか分からない場合には、無料相談会が必ず地元で開かれていますので、そちらで相談するのも良いでしょう。